夏休み宿題は親がやるべき理由5つ【小中学生夏休み宿題】についてあずお家がしてきた事

girl eating sliced watermelon fruit beside table子育て論
Photo by Jill Wellington on Pexels.com


子供達が中学生までは夏休みの課題は完全に親がしてきたあずお家(*‘∀‘)

決して、勉強が出来るわけでも無い母ちゃん・・

バッテン、そこは楽しみながら毎年スキルアップしていった!

結論

1.子供と一緒に楽しめる

まず通知表と夏の友を持って帰ってくる終業式。

さーーーーーっと目を通して、

子供役割分

1.夏の友の計算を終業式当日に終わらせる

2.夏の友計算以外を3日間で終わらせる

3.漢字ノートを40ページ書く

4.ポスターの文字と色塗り

5.書道は午前中に本番のみ

親役割分

1.読書感想文の原稿作り(課題図書を読み込む)

2.工作類の基礎をつくる←色付けは子供に参加させる

3.自由研究材料探求 結論と結果を写真などでまとめて、専用の広用紙と木を準備←文字だけ子供が書く

2.学校からの評価が高い

まぁーーーコイだけしてきたら

常に読書感想文は入選

自由研究も入選なんなら特選

あずお家は読書感想文は母ちゃん担当・自由研究は店長担当で、ある種競い合っていた(笑)

店長
店長

今年はオレが特選で

母ちゃんの読書感想文より上っ!( ̄ー ̄)ニヤリ

3.クラスの人気者

当然、クラスに持っていけば

皆からおおーーーーーーーっ!ってなる

バッテン、ここは慎重に・・

明らかに親の作品と見えない様な工夫(文字を本人が書く・色を塗る・調べた事はレクチャーしておく)

4.夏休みに本を読む時間が増える

という訳で、主任もチーフも夏休みは暇っ!

クラブチームでの水泳は夕方からなので、そこまではひたすら本読み(マンガ本やマジカル~とか。。忍たま乱太郎とか)

5.8月から遊び放題

皆が宿題に追われていても涼しい~あずお家。予定組み放題

家族で出かけても宿題が気に成らない(*‘∀‘)

7/31までに終了

夏休みの宿題の終了ポイントは7/31まで、、

登校日に再度、宿題が出たりするけれど、基本大物(ポスター・感想文・研究・夏の友)は

全て完結しておく

まとめ

色んな考え方があると思う・・

本人がする勉強だから、本人がするべき!!親は仕事が忙しくてそこまで構っておられんヽ(`Д´)ノプンプン

ゴモットモでございます。(笑)

でも

昭和女子的にハッキリ言おう!

親が自分の宿題をしている姿を子供が見て学ぶ事もある

親が仕事から帰ってきて、宿題に向かう姿を見ながら、子供達が思う事もある。。完成した宿題の内容を子供にレクチャーして、理解させて笑う!←ココが大事

母ちゃん
母ちゃん

チーフ読書感想文パソコンで書いてプリントアウトしたけん

写してねっ!

小学低学年チーフ
小学低学年チーフ

はーーい!ありがとう

母ちゃん
母ちゃん

チーフ今年も読書感想文書いたよ

写してねっ!

中学生チーフ
中学生チーフ

はいはーーいっ!

おKですっ!

( ,,`・ω・´)ンンン?

ねぇねぇ・・お母さん、ココはこの表現よりコッチの方が良くないかな?

そして、漢字が違うねっ!・・あとぉ~かくかくしかじか・・・

って結局中学生になってからは自力で宿題していったあずお家の子供たち

基本・うちの親に勉強聞いても分からないって事は承知の主任とチーフ(;゚Д゚)

アホな親でごめんよぉ~( ;∀;)←自力でやるしかないっ!

50才の今思うには、この読書感想文の県特選は母ちゃんの戦利品である(笑)!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました